ホーム

とあるサイトでたまたま見つけたコニファーガーデン。自分の近所には見たこともない緑の世界。イングリッシュガーデンとも少し違う、なんとも不思議な世界。新居を建て何気なく植えた木がコニファーで、その名前を調べるうちにコニファーガーデンの魅力にどっぷりはまりました。そして、一冊の本と出会い、コニファー収集家になりました。なんと信じられないことに50品種も集めました。この本に記載してあるものは、ほとんど入手したのです。

それからというもの、コニファーばかり庭に植え、ある程度コニファーガーデンと呼ぶにふさわしくなったころ、なんと3年間の転勤で家を空けることになりました。そしたらなんとまぁ、蒸れて枯れてしまう物や予想外に巨木になっており収拾つかない状態になっていました。正直、小さな我が家では難しく、さらに住んでいる地域も高温多湿なので、コニファーには向いていないことも判りました。一旦リセットして、コニファーを取り入れつつも、他の植物もほどほどに混ぜた現在の状態になりました。ただ、今でも花よりも葉色にバリエーションがあるヒューケラやホスタなど、どうしてもそちらに目が行ってしまいます。そんな我が家の庭を紹介していきます。


[広告]


ナチュラルガーデンランキング

にほんブログ村 花・園芸ブログ コニファーへ
にほんブログ村

貴方もガーデニング日記をHPに残しませんか?
↓ まずはサーバー選びから ↓


《我が家のコニファー》

唯一生き残ったコニファー達を紹介します。

・ホプシー

コニファーの王様。1mぐらいの物を買ったのですが、今では2階の屋根ぐらいになりました。春の芽吹きは圧巻です。

・アトラスシーダ―・グラウカ・ペンジュラカ(アトランティカグラウカ)

枝垂れ状に垂れ下がる性質で、継ぎ木でほとんど大きさを変えず15年ぐらい。なんとも不思議な木。

・ウィチタブルー

ブルーヘブンの小型の物。それでも3mぐらい行くので十分大きい。色も青が強く綺麗。


[広告]

“《我が家のコニファー》” の続きを読む

ガーデニング ブログ